Tsukaの奥義

気付いた事memory

武道で学ぶ、呼吸術。

さて、今回は、武道の呼吸についてです。

今、自分が、お伝えできるのは、2種類です。参考にしてください。

まず1つ目は、腹式呼吸

これは、誰もが知ってる事だと思いますが、基本になります。歌でも楽器でも練習するかも知れません。

練功など、体を練る事など、気を養うのにいいように、自分は感じます。

次は、2つ目、逆式呼吸。

これは、腹式呼吸の逆です。息を吐いた時に、お腹を膨らませる。

この呼吸は、おもに、力を出す時に使います。発勁の際にも使うと思います。いわゆる爆発的な力です。

この2つの呼吸は、一緒に使います。力を出す時には、逆式、養うときは、腹式と、使います。

このように使い分ける事で、武道的に、疲れにくくなると言われています。

もちろん慣れてからです。

最初は、腹式呼吸から練習してください。
いきなり、逆式呼吸を行うのは、体が慣れないので、良くないです。慣れてから、徐々に練習しましょう。

武道の極意、意念パート2

こんばんは。

前回の記事で、武道の意念の事を伝えてみました。
まだ見ていない方は、読んでみてね。

今回は、その続きの事を。

武道の意念は、なりきる事と話しました。なりきるとは、一体となると言う事でしょう。

絵を描いてみました。

木になる絵です。気になります?

木は、風に吹かれても、雨に打たれても、雷に打たれても、そこにあり続けました。

木は、あり続けたのです。武道は、合気と言う言葉がありますが、合気とは、気を合わせると言う事で、一体となると言う事です。

意識しないと最初は、難しい事だと思います。なぜ合気が必要なのかは、お話しなくても分かるかと思いますが、全ては、陰陽です。

今、自分達が、思う事、それは、意識です。意念は、意識の練習だと思います。

何が正しいなんて事は、ありません。

それぞれの人、それぞれの思いがあります。

大切な事は、観念を捨てる事なのです。

意識して意念しているうちは、まだ自然と一体とは、言えないでしょう。しかし、それは、とても難しい事と思います。

実感を得なくては、会得する事は、出来ないからです。

武道の極意の一つ、意念。

こんばんは。

最近、理解してきた事がある。

意念を知っているだろうか。

意念とは、意識やイメージのようなものだが、武道的意念とは、そのものになりきる。

つまり、意識を通して、自在になれるのだ。

例えば、自分は、太古より存在し続ける、大木だと意念する。

神秘的な雰囲気も感じさせるほどに、強く、美しく、荘厳な大木である。

何者にも打ち砕く事の出来ぬ、強き大木になりきるのだ。

じっと立ち続けていても、疲れが来る。しかし、そもそも木が、疲れたなんて思うだろうか。人の観念である。

なりきるのだ。そのような稽古がある。

意念ある時、人は、その力を遥かに活用できるのかも知れない。

新しい趣味

こんにちは。

なんと、新しい趣味が出来た。

それは、イラストを描く事。

案外、描いてみると面白い。

なかなか上手く描けないけれど、その過程もまた、面白い。

これは、武道で俯瞰力を向上するために、役に立つ。自分で見つけた稽古である。

分かった気がする。

こんにちは。

何となく、分かった事がありました。

受けたいじめについての記事を、過去に書いています。

いじめは、辛いですね。しかし、その辛さも、考え方によっては、あれ?大した事ない?と思うからです。もちろん、トラウマがすぐ解決する事は、どんな人でも難しい。

しかし、かつては、それは、もう遥か昔などは、大変な時代もあったわけですよね。

そんな事を言われても、その時代を知らないし、今の自分が辛いのだから、昔話なんて、どうでもいい。

自分もそうでした。そして、それが自然だと思っていた。

しかし、それでは、いつまでも辛いものを解決出来ない。それでいいなら、それでいい。だけど、自分は、嫌。

だから、求めて考えた。そして、気が付いた。

無限の愛に包まれ、大いなる恩恵を等しく与え続けてくれていた。

それが、自然だった。

全て。

こんにちは。

極意とは、その真意を知っているだろうか。

それは、形と現れた技の事を言っているだろうか。

その力は、どんな者にも負けぬ奥義であると思えるものであろうか。

はては、心の力の発現であろうか。

全ては、合っていて合っていないものであろう。

極意など、始めから備わっているものだ。

心を見れば、本当の力とは、すでに備わっているものだと感じた。

天地万物の根元を。

合気とは、その力は、宇宙の始まりから、きっとあり、創造されている。

合気を感じよ。さすれば、共にある事を感じるであろう。

全ては、始めから備わる。